2013-05-04

DV目撃で子どもの脳萎縮 福井大など発表


 ドメスティックバイオレンス(DV)を日常的に目撃した子供は、目で見たものを認識する脳の視覚野の一部が萎縮する傾向があるという研究成果を、福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授らがまとめた。2日までに米オンライン科学誌に発表した。

 両親間の暴力や暴言を吐く場面など、DVの目撃が成長後も心の病といった形で影響を与えると心理学などで指摘されている。友田教授は「DVを見た嫌な記憶を何度も思い出すことで脳の神経伝達物質に異変が起き、脳の容積や神経活動が変化してさまざまな精神症状を引き起こすのではないか」と推測している。

 友田教授は米ハーバード大と共同で、直接虐待を受けたことはないが、夫婦間のDVを目撃してきた18~25歳の男女22人と、目撃した経験がない同年代30人の脳を、磁気共鳴画像装置(MRI)を使い比較した。

 その結果、右脳の視覚野にある一部は、目撃した経験がある男女が平均で約6.1%小さく、約6.5%薄かった。左脳の視覚野にある一部も約6%薄かった。

 目撃した時期などの聞き取りから、脳が最も影響を受けやすい年齢は11~13歳で、身体的な暴力より暴言の方が子供の脳に深刻な影響を与えることも分かった

 友田教授は「DVを目撃した子供には、早期にしっかりした心のケアをすることが必要だ」とし「幼少期の体験が脳を変えるメカニズムが明確になれば、治療などに生かせるだろう」と話している。

 友田教授らは2005年に調査を開始。米マサチューセッツ州にある町の地下鉄やバス停に協力を呼び掛けるチラシを張り出し、集まった1662人から聞き取りなどをして52人を抽出、脳を解析した。〔共同〕

日本経済新聞 2013-05-02

 分母が少なすぎる上、DV目撃と脳萎縮との因果関係を断定することには無理がある。

 この実験が示唆していることは実はもっと凄い。発達障害やアスペルガー障害などの自閉傾向はひょっとすると拒絶という「意志的選択」の可能性がある。すなわち眼前の世界を拒否することで、内側の領域にとどまっていると考えることが可能だ。

 また12歳前後から脳が思考に支配されることも明らかだろう。

飢餓に苛まれる子供たち


暴力と欲望に安住する世界/『既知からの自由』J・クリシュナムルティ」で紹介した動画の全編を見つけた。飢餓に苛(さいな)まれ、立つこともできなかった二人の少年は死を免れた。子供らの笑顔と歌声に涙を禁じ得ない。



ティク・ナット・ハン「食べる瞑想」


歩く瞑想/『君あり、故に我あり 依存の宣言』サティシュ・クマール
「100%今を味わう生き方」~歩く瞑想:ティク・ナット・ハン
等身大のブッダ/『小説ブッダ いにしえの道、白い雲』ティク・ナット・ハン

2013-05-02

ナセル大統領がムスリム同胞団の陰謀を告発


 ガマール・アブドゥル=ナーセル(1918-1970)。エジプト共和国第二代大統領。



革命の哲学

ビルダーバーグ会議出席者、クリスティーヌ・オクレント氏に質問


 2013年2月2日放送。クリスティーヌ・オクレントはジャーナリスト、フランス対外­視聴覚グループの元代表でベルナール・クシュネル(元仏外相)の配偶者でもある。ビ­ルダーバーグ会議に3回出席している。


列強が利用する偽の人道主義者ベルナール・クシュネル」ミシェル・コロン

「列強が利用する偽の人道主義者ベルナール・クシュネル」ミシェル・コロン


 2009年2月。ベルギー人ジャーナリスト、ミシェル・コロン。


ビルダーバーグ会議出席者、クリスティーヌ・オクレント氏に質問

知事欠席 - メディアによる「沖縄問題」の演出

2013-05-01

薄明の富士山


 霊峰(れいほう)には人を寄せつけない厳しさがある。私は今でも富士山が苦手だ。中央高速を走り、突然現した姿にギョッとなったことをありありと覚えている。富士はあまりにも大きく美しい。山男でもある太郎先輩に話したところ、「なぜだかわかるか? あれはハゲ山なのだ。生き物を拒絶しているのだから怖くて当然だ」と教えられた。一度登ってみたい気もするが、どうも足で踏む気になれない。


富士山

2013-04-28

牛肉・オレンジ自由化交渉の舞台裏


「こらえにこらえてやっている」。88年4月19日、農相の佐藤隆は国会で交渉の難しさを明かした。同じ日、農協は「米国の高圧的な態度は憤激に堪えない」として都内で集会を開いた。だが米国の攻勢は表に出ているよりずっと苛烈だった。
 交渉が大詰めを迎えるなか、米通商代表部(USTR)次席代表のスミスが九段の分庁舎に入った。野球帽を横向きにかぶり、ノーネクタイ姿で農水次官の後藤康夫らの正面に座ると、円卓に足を乗せて言い放った。「議論の余地はない。自由化だ」。

【日曜に考える 牛肉・オレンジ自由化決着(1988年) 日米構造協議の前哨戦/日本経済新聞 2013年4月7日付】

日米通商交渉の歴史(概要):外務省【PDF】

 白人の傲(おご)りはアフリカ人を奴隷にした時代やインディアンを虐殺した頃から変わっていないように感ずる。キリスト教に由来する人種差別は、神を信じぬ者を人間としては認めない。だから連中は面白半分で虐殺することができたのだ。

 彼ら(※キリスト教徒)は、誰が一太刀で体を真二つに斬れるかとか、誰が一撃のもとに首を斬り落とせるかとか、内蔵を破裂させることができるかとか言って賭をした。

【『インディアスの破壊についての簡潔な報告』ラス・カサス:染田秀藤〈そめだ・ひでふじ〉訳(岩波文庫、1976年)】

 日経新聞の腰砕けぶりは「スミス」をフルネームで表記していないところに現れている。ウェブで調べたところ「マイク・スミス」のようだが情報らしい情報が殆ど見当たらず。

 日本が礼節を重んじる国であることがわかっていればこそ、スミスは芝居がかったパフォーマンスをしてみせたのだろう。やはり軍事力を持たねば一人前の国家として扱われないのだ。

 一方でこういう声もある。

アメリカが恐れる日本の通商交渉力:山下一仁

 交渉に携わった人々が国民に対して情報発信していない以上、我々は想像する他ない。

 その後の日米構造協議年次改革要望書という流れを見れば、太平洋戦争はおろか日米修好通商条約から何も変わっていないように思える。

 日本の保守がなぜ反米に向かわないのかが不思議でならない。

インディアスの破壊についての簡潔な報告 (岩波文庫)

「年次改革要望書」という名の内政干渉/『拒否できない日本 アメリカの日本改造が進んでいる』関岡英之

米国の退役軍人は毎年6000人が自殺している


戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)